全身脱毛の名店をランキング10でご紹介!

menu

脱毛サロン_人気ランキング10:【全身脱毛の名店10選】

全身脱毛と「色」の関係

全身脱毛と「色」

全身脱毛の施術方法には、さまざまなものがあります。
昔ながらのワックス脱毛というのもありますし、エステサロンで主流の
フラッシュ脱毛といったものもあります。

そして、医療機関ならではの強みを持つレーザー脱毛もあります。
このように、一口で全身脱毛と言っても様々な施術方法がありますが、
共通する注意点があります。

それは、色に関してです。

特に、光脱毛などに関しては、肌の色が全身脱毛の出来に大きくかかわってきます。
基本的に、全身脱毛を行おうという人は、日焼けをしていてはいけません。

エステでの脱毛は、むだ毛の色素に反応をして、そこを攻撃することによって
脱毛をするものです。

これが日焼けをした肌ですと、肌の色素も黒いので、むだ毛への攻撃力が弱まってしまいます。
これでは全身脱毛の効果も低くなってしまうと言うものです。

肌の色に関しては、タトゥーも影響します。
タトゥー部分への脱毛ですが、これはあまりうまくいかないことが多いので注意をしましょう。

肌の色だけでなく、むだ毛の色も脱毛の出来に大きく関わってきます。
黒々としているむだ毛ならば、問題なく脱毛をすることができます。
しかし、脱色をしたむだ毛などは、その後全身脱毛をしようとしてもなかなかうまくいきません。

むだ毛の色素が少ないので、なかなか反応してくれないのです。
同様の理由で、産毛もなかなか脱毛しにくいです。

産毛も色素が薄いので、全身脱毛をしようとしてもなかなか難しいのです。

 

 

脱毛サロンをうまく使おう

料金の低価格化や店舗が増えて通いやすくなったことにより、自己処理から
脱毛サロンに切り替えている女性が増えてきています。

家庭用のレーザー脱毛器などもでていますが、手間がかかることと、またなにより効果の
ほどが確かではないため、今現在の低料金であればサロンに通ってそれなりに処理して
もらったほうが得だという考えの表れだと思われます。

ただお小遣い感覚で通えるような脱毛サロンというのは光脱毛で施術しているため、
毛の量が減ったり、毛が細くなることはあっても一本残らずつるつるに仕上がると
いうことは難しいといえます。

脱毛サロンで光脱毛をした女性にアンケートをとったところ、そのほとんどが完全には
ムダ毛がなくなることはなかったと答えています。

では完全にきれいに、いわゆる永久脱毛をしたいといった場合、低料金の脱毛サロンに
通うことは意味がないのか?といえばそれも間違いです。

永久脱毛の方法としてはニードル(針)脱毛という施術法が必要なのですが、
こちらは技術や時間のかかる方法のためいまだ料金が高めです。

一般的な経済力の人がまともに通うとしたら、それなりの貯蓄が必要に
なってしまうでしょう。

しかし毛量を減らして施術回数を減らすことができれば、そのぶん料金を抑えることができます。
なのでまずは低料金の脱毛サロンで光脱毛をしてもらい、毛量が少なくなった後で
ニードル脱毛をすることをおすすめします。

私はその方法でぐっと料金を抑えることに成功しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー